チェーン店を訪れる時の楽しみ…。

同じチェーンにおける、同じメニューでの味の違いである。


 作り手が、その『チェーン本来の味』をどれだけしっかりと、正確に継承しているのか?

もしくは、味が『チェーン店本来の味』から離れている場合、その技法を継承しつつアレンジしているか?それとも、ただ単に力量が及んでいないのか

それを考えながら味わうのがラーメン道というものだと、私は思うのである。

俺、かっこいい〜〜〜〜〜!!!


 そんなわけで、今回紹介するエース軒は元『希望軒』だったお店です。

『希望軒』が一度倒産した時に、エース軒と店名を変えられたようです。

以前紹介した『はなてん』や伊丹にある『希望新風』など、元『希望軒』だったお店が阪神間には多いです。

それぞれ、味の特徴は『希望軒』に似ているものの、店独自の味付けがなされており、似て非なるラーメンとなっているという印象を受けます。

ですから、元『希望軒』だったお店のラーメンを味わいに行くのが結構好きだったりします。

『倒産前の希望軒』と『今の希望軒の味』もちょっと違うと思いますし、いや、ラーメンて奥が深いですね!


↓『はなてん』の記事はこちらからどうぞ 
 

dolly Pasta

↑店構え

 希望軒が木の温もりを感じる、昭和レトロな感じであるのに対し、赤と緑というポップな店構えと雰囲気はちょっと違います。

可愛い感じで、これはこれでアリと思います。

駐車場もあり、便利です。


(1700~)
#131580 PJ
4131380 M
6-dhEtho

↑メニュー

 メニューは元『希望軒』らしく、豚骨ラーメンとごま味噌ラーメンの2台看板に醤油ラーメンや塩ラーメンなど、メニューが多彩です。


 カレーもメニューにありました。

もう少しお腹が減っていたら頼んでいたかも(笑)



RE ILLNNOTTT TAny
& STAINLESS

↑味変グッズ達。

 希望軒と同じく、クラッシュニンニクとニラ、味のりが入れ放題です。

今日はニンニク食べまくりまっせ!!!
と合計5粒使用したのは内緒です。


IMG_4515

↑麦茶 

 氷もたくさん入って、ガンガンに冷えています。

ラーメンを食べながら、冷たい麦茶をすする!

お水ではなく、麦茶なところがとても嬉しいですね。


IMG_4516

↑エース軒とんこつラーメン(税別 700円)

 しっかり濁って乳化した豚骨ラーメン。

希望軒のラーメンといえばこんな感じですよね!

トッピングは焼豚、ネギなど。

焼豚はやや薄めにスライスされているのですが、脂がしっかりと載っており、スープとよくあって美味しい

ネギも大盛りなのが嬉しいです。



IMG_4519

↑細麺

 やや細めのストレート麺は少し柔らかめのたまご麺。

しっかりとスープに絡み、美味しいです。

単独では特徴のない麺ですが、スープとよく合います。


IMG_4518

↑スープ

 マイルドなんですが、しっかりと旨味もありちょうど良い。

きっと豚骨をしっかりと煮出しているのでしょう。

少しざらざらしており、豚骨感がしっかりあります


 今まで、たくさんの希望軒もしくは希望軒派生のラーメンを食べてきましたが、個人的にこのお店のスープが一番”一度倒産する前”の希望軒の豚骨スープの味が再現されていると思います。

まだ、20代のころにあしげく通ったあの希望軒の味に。

当時の頃を思い出しながら無心ですすりました。


IMG_4520
IMG_4522

↑(大)チャーハン(税別 450円)

 ご飯の中に麦が混ぜられています

やや水分が強く、しっとり感もあります。

好みが分かれるかもしれませんが、私は大好きです。

塩加減がよく、いくらでも食べれそう。


IMG_4521

↑替え麺(税別 150円)

 少し高めの設定ですが、焼豚とネギがトッピングされており、私は結構好きかもです。

やや、硬めに茹でてくださったので、歯応えは良かったです。

マイルドな豚骨スープのため、やや薄くなってしまうので、1回しか替え麺をしませんでした


 現在チェーン展開している希望軒以上に、昔の希望軒の味を提供し続ける、エース軒。

エース軒とんこつラーメンは私にとって思い出の味でした。

ずっと探していたけれども、もう見つからないと思っていたあの味に。

「美味しかったです、ありがとう」

お会計の際に、自然と感謝の言葉が出ました。

また来ようと思います。
ごちそうさまでした♪


【来店日】

2019/12/30


【住所】

兵庫県伊丹市荒牧南3-3-3

 

【最寄駅】

JR中山寺駅から1.5km


【開店時間】

11:0023:30(定休日:木曜日)
 




モッピー!お金がたまるポイントサイト